科学を究め、明日の健康と環境を創造する。
お問い合わせはこちら 遺伝子栄養学研究所 北海道工場 北海道大麦若葉
インフォメーション一覧
  • 2021.03

    FOOD Style 21に掲載されました

    核酸による脳の健康と食品中の核酸含量

  • 2021.03

    論文がアクセプト

    A mouse model of short-term, diet-induced fatty liver with abnormal
    cardiolipin remodeling via downregulated Tafazzin gene expression.

  • 2020.12.12〜13

    2020年度日本農芸化学会北海道支部/第50回日本栄養・食糧学会北海道支部 合同学術講演会(web開催)で研究成果発表

    大麦若葉由来膵リパーゼ阻害タンパク質の同定とin vivo効果の検証

  • 2020.10.30〜11.1

    第60回日本臨床化学会年次学術集会(web開催)で研究成果発表
    サケ白子抽出物の培養ヒト肝細胞におけるミトコンドリア活性化作用

  • 2020.10.28

    『食品開発展2020』に出展いたします
    <事前登録のお願い>

    今回の食品開発展は新型コロナ対策のため、入場は完全事前登録制となっております。
    大変お手数ですが下記URLからご登録をお願いいたします。
    【食品開発展2020 来場事前登録(無料)】

    https://www.informa-japan.com/hi/form/visitor_regist.php




    ■食品開発展2020 出展のご案内PDF

  • 2020.10.15

    恵庭市子育て応援企業で表彰されました

    ▼令和2年度恵庭市子育て応援企業表彰の表彰式
    https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/kurashi/kosodate_kyoiku/kosodate/kosodate_support/10692.html

  • 2020.7.6

    特許取得
    特許第6729895号(発明名称:脂質吸収抑制用剤)

  • 2020.3.25〜28

    日本薬学会第140年会でポスター発表
    dAMPの腸管吸収過程におけるCNT3およびCD73の協働的役割
    ※新型コロナウイルスの影響により開催中止。 学会としては成立となったため、要旨は公開され本発表は成立の取り扱いとなりました。

  • 2019.12.13

    特許取得
    特許第6628071号(発明名称:低密度リポタンパク質酸化抑制剤)

  • 2019.10.27

    第8回日本未病システム学会北海道支部会で研究成果発表
    デオキシリボヌクレオチドの腸管吸収過程におけるCNT3およびCD73の協働的役割

  • 2019.10

    論文がアクセプト
    Mutual role of ecto-5'-nucleotidase/CD73 and concentrative nucleoside transporter
    3 in the intestinal uptake of dAMP.

<当サイトご利用上のご注意>
当社は健康食品や化粧品の機能性研究を行い、各種学会、講演会で研究成果を発表するとともに、他研究機関の研究成果も引用しています。また、新聞、書籍、雑誌、TV等のマスメディアを通じての発表も行っております。
以上の発表内容を特定の健康食品や化粧品の販売に利用することは薬事法・健康増進法などの法規に抵触する恐れがあるため使用しないでください。
また、当サイト、当サイトの図表、本文の無断転載、コピー、リンクを禁止いたします。